ダーツやビリヤードなどがあるバーの楽しみ方を解説

ダーツやビリヤードなどがあるバーは、いわゆるプールバーと呼ばれるものです。この、プールは水を浴びるものではなく、ポケットビリヤードのテーブルの別名で、プールゲームからきているものです。

バーによっては、ダーツを専門に設置していたり、ビリヤードとダーツ両方が楽しめるバーなどもありますが、いずれもこうしたゲームの楽しめる場としておくつろぎください。プールバーの楽しみ方は、ドリンク主体ではなく、ゲームが主体となりますので、仲間と適度にお酒をたしなみながら、ゆっくりとしたで時間をゲームで楽しむといったスペースとなります。

もちろん、一人でも利用可能で、そうしたプレーを観戦しながら、カウンターでゆっくりとお酒を楽しむといったこともできます。随分と、日本で浸透してきたビリヤードですが、実はこのビリヤード、いくつかの種類があることをご存じでしょうか。

ビリヤードの種類は意外と多い

まず、多くの日本人が知っているのが、キュウで玉を突いて6か所にあるポケットに捻じ込む、ビリヤードなどではないでしょうか。「ナインボール」や「サークル」といったゲームが楽しめますが、ほかにもタイプ別のビリヤードといったものが存在します。

戦後の日本で、ビリヤードといえば、「4ツ玉」のことを指していました。4ツ玉を使用するビリヤード台は、ポケットのないタイプで、キャロム台と呼ばれるものです。

赤玉2つと、手玉2つの計4つの球を用いることから4ツ玉と呼ばれていますが、より難易度の高い3ツ玉といったゲームもあります。また、通常のビリヤード台よりもさらに広く、ポケットのあるスヌーカーなど、ほかにも様々なタイプのビリヤードがあります。

世界的にも認知度が高い

現在、日本で主流となっているのが、ナインボールやサークル・4ツ玉といったタイプのビリヤードです。欧米では、世界大会が開かれるほど、ビリヤードは人気が高く、映画で人気となったボール入門主演の「ハスラー」は、日本での第2次ビリヤードブームを作るきっかけとなりました。

ダーツの種類

次に、ダーツですが、映画やドラマなどでは見かけますが、実際に遊んだことがないといった方も多いのではないでしょうか。ダーツは、射的協議の一つで、専用のダーツボードに、手投げの矢を当てて得点を競うものです。

ゲームの種類によって、内容は多少異なりますが、ダーツボードの中心に来れば来るほど高い得点が得られます。こうしたプールバーで、ゲームで熱くなるのも一興ですが、あまり飲み過ぎて周りに迷惑をかけないようにしたいものです。

ゲームの種類によって、内容は多少異なりますが、ダーツボードの中心に来れば来るほど高い得点が得られます。こうしたプールバーで、ゲームで熱くなるのも一興ですが、あまり飲み過ぎて周りに迷惑をかけないようにしたいものです。